ペットホテルカインズ
ホーム > 注目 > 鑑別書と鑑定書

鑑別書と鑑定書

宝石には、鑑別書というものが付いていることがあるのですが、
宝石の王様のダイヤモンドには、鑑別書とは別に、鑑定書というのが、
発行されているものもあります。

鑑別書と鑑定書

一般的には、違いはよく分からない感じがしますが、
これは似て非なるものなのです。
鑑別書は、例えば、「この石はルビーであることを証明する」
という、石の種類を鑑別するものです。
つまり、ルビーやサファイア、エメラルドなど、石の種類を
証明するためのものです。
偽物ではないという証明にもなりうるものですね。

これに対して、鑑定書は、ルビーやサファイアなどには発行されないもので、
ダイヤモンドにしか発行されないものになります。
鑑定書は、ダイヤモンドの品質の詳細を4Cを中心に詳しく鑑定したもので、
これが基準になって、市場での価格が決まるようになっています。

4Cとは、カラット、カラー、クラリティ、カットの意味になります。
それぞれ、細かくグレード分けされています。

下のリンクを見てもらうと、それぞれを詳しい説明が、
分かりやすく掲載されていますので、興味のある方は、一度、
ご覧になって、手元に鑑定書があれば、ご自分のダイヤモンドが
どんなグレードのものなのか調べてみるのも良いかと思います。
ちなみに、こちらのサイトでは、ダイヤモンドだけではなく、
貴金属、ジュエリー全般を高額で買取ってくれるようですので、
金やプラチナ、時計の処分を考えている方にも耳よりなサイトだと思います。
ジュエリー、アクセサリー 買取り専門店 ウィンズ 岸和田市